• ホーム
  • スキープロショップ イカラシスポーツ : 検索結果

タグ「yama」が付けられているもの

山スキーの魅力とは!!

2009年5月28日 イカスポのホームページ |

1.バラエティーに富んだコースを楽しめるから!!

ゲレンデは、整地されたコースがほとんどです。
山のフィールドでは、急斜面・緩斜面・うねり・自然のジャンプ台等
同じ山でも、季節・雪質・積雪状況・天候の変化により
いろいろなバリエーションでスキーを楽しむ事ができるからです。


2.ダイナミックなコースを楽しめるから!!

ゲレンデでも、スケールの大きいスキー場はありますが
山には、それ以上のスロープがあります。
標高1000m以上を一気に滑りおりるコースもあります。


3.パウダーを楽しめるから!!

ゲレンデは、圧雪してあるコースが大半です。
コース外は、立ち入り禁止区域になっていますので、
ゲレンデで、パウダーを滑る事は、条件的に厳しいです。
その点山スキーでは、
シュプールの刻まれていない大斜面を滑る事が出来ます。
自分専用のゲレンデでパウダーを堪能する事が出来ます。
なんといっても、パウダーのスケールが違います。

冬山登山者の視点から!

2009年5月28日 イカスポのホームページ |

1.雄大な景色を堪能できるから!!

同じ山でも、夏と冬では景色が違います。
季節・天候等により、様々な表情を見せてくれます。
木々が雪景色で覆われていたり、時には、動物たちとの触れ合いもあります。
(カモシカ・ウサギに出会った事があります。)
白銀の世界は夏山では味わえない感動があります。


2.自分専用のルートを開拓できる!!

夏山は、登山ルートが限られますが、
冬山は、ブッシュは雪の下なので、どこでもルートになります。
自分の体力・技術に応じて、最短距離の登りのコースを
開拓する楽しみがあります。

楽しい部分だけではなく、リスクもつき物です!

2009年5月28日 イカスポのホームページ |

1.遭難する危険性があります!!

冬山の天気は、非常に変わりやすいです。
朝は、晴れていても、昼からは、猛吹雪なんてこともあります。
突風・猛吹雪・気温の上昇による雪崩・濃霧
これらの、コンディションの変化に冷静に対応しなければなりません。
ひとつ、間違えば遭難という大惨事もありえます。
自然相手では、すべてが自己責任です。


2.自分の足で登った分しか滑れません!!

普通のゲレンデでは、リフトを使い同じコースを何本も滑る事が出来ますが、
山スキーでは、.自分の足で登った分しか滑れません。
4時間かけて登って、15分しか滑れないなんてこともあります。
1